読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜もLab.に独り

蛙飛び込むVimの音

スペルチェックと文字カウント

Vimのスペルチェック機能を使ってみたら割と面白かった

以下は

:help spell

で出てくる情報から抜粋。

開いているバッファに対してスペルチェックをonにする

:setlocal spell spelllang=en_us

US以外もあるらしいけど、設定したら怒られたのでとりあえずUS

単語の登録

某MS様の赤線みたいな表示を[消したい|つけたい]ときに。

zg      "カーソル下の単語を正しい(good)単語リストに登録
zw      "カーソル下の単語を間違った(wrong)単語リストに登録

間違えて登録しちゃった時は

zug      "カーソル下の単語に関するzgの取り消し
zuw      "カーソル下の単語に関するzwの取り消し

単語の訂正

間違っている単語の訂正案をVimに出してもらう

z=      "カーソル下の単語の訂正案を出す

画面を覆い尽くす勢いで単語が出てくるので、これだ!と思う単語の番号を打つと訂正してくれる。 何も打たずにするとキャンセル扱いになる。

便利なジャンプ機能

[s      "スペルミスの前方検索
]s      "スペルミスの後方検索

超便利。

ワードカウント

単語数を気にしながら英文アブスト書いてるときは、ビジュアルモードで文章を選択して

g^g

すると、(いろんな情報と一緒に)選択した範囲の単語数合計が出てくるので便利